やま猫です。

アフィリエイトを始めて3週間たちます。現在は執筆活動メインで特にそれ以外の事をやってませんね。本当に記事1本槍って感じです。「ランサーズ」と「クラウドワークス」に外注依頼も出しました。ワードプレスにも最低限のプラグインも入れてます。後は本当に記事の量産だ。頑張らないと。

記事のリライトに挑戦してみようかな?

記事を書き込んでいくと、ネタが尽きてきますよね。特に人間一人の経験値は限度があり、なかなか全部を記事にするのが難しいですもんね。なので、他のアフィリエイターさんもやっている記事のリライトをやってみようか考えてます。リライトのメリットとしては、自分の経験以外の記事が書ける。よりわかりやすく記事をブラッシュアップできる。ですね。逆にデメリットもありますよね。オリジナルと似たような文面となってしまい、パクリと判断されるかもしれませんね。ここはしっかり注意しないとダメですよね。

そもそも記事のリライトとは?

簡単に説明しますね。記事のリライトとは記事の執筆者以外のライターが記事自体を書き直す事をいいます。簡単に言うと、要点を抑えてよりわかりやすく、読み安く書き直す事をさします。ネット上には色々な情報がありますよね。その情報を自分のサイトのターゲットユーザーに対してより具体的にわかりやすくして提供してあげる事を目的とします。その作業がリライトです。

リライトで大事な事や抑えるべき注意点。

まず、そのリライト前の文章をしっかり読み込みます。何度も読み返します。その文章は何が一番言いたいのか?使えたいのか?を確認します。まずは余計な事を考えずに読み返しましょう!

ターゲットユーザーを考える!

これは、その文章も、自分のサイトもです。リライト前の文章がどの世代に対して発信しているのか?またリライトした時に掲載する自分のサイトのターゲットユーザーは何歳なのか?(これはグーグルアナリティクスで確認できます)、それによって表現方法や言葉遣いがかわりますよね。大事なのは文章をよんでイメージしやすい事です。この部分は時間をかけてやってみようと思います。僕自身も記事を50記事程度書きました。50記事でも最初の頃を読むとひどいなと感じる時があります。リライトも経験が必要そうですね。

リライト後の記事はオリジナルであるべき!

そうそう、これ一番大事でした。そもそも「わかり易くブラッシュアップ」に目が言ってしまいますが、文章構成や言い回しを変えてリライトするだけではリライトとは呼べないような気がします。大事なのは記事を書いた人とリライトした人の経験の差をうまく文章に含めて、伝えたい事をより具体化する。それが大事ですよね。最終的にはオリジナル記事に拘る必要はないと考えてます。

さて、ここまで自分ルール的な事を書いてみました。僕は上記の事を踏まえてリライトに挑戦します。「だってネタがなくてこまってますからね」。皆さん、アフィリエイトをやる上で避けては通れない部分だと認識してます。頑張ってリライトという特技を身につけてようと思います!

2017年5月より本気でアフィリエイトに参入しました。本職はWEBデザイナーの兼業アフィリエイターです。また、現在3ブログで執筆中。当然記事数が少ないので広告も入っていません。当然アフィリエイトでの収入も0です。焦らず、しっかりと日々の作業を書き込み、目標は2年で脱サラです。月の成果も上がり次第、記載していきます。みんなでアフィリエイト業界をもっと盛り上げていきましょう。