ランサーズでの取引開始。

やま猫です。

やっと「 ランサーズ 」で記事の発注が完了し、先方の作業になりました。今日は改めてランサーズまでの発注~決定までの流れを忘れないように記事にしていきます。いや、初めての経験でしたのでなかなかわからない所もあり、募集を開始してから今日まで時間が掛かってしまいました。

 

まず「 ランサーズ 」で登録作業

ここでは、まず自分のアカウントを作ります。簡単なプロフィール等入力して、アカウントを開設します。アカウント開設から仕事の募集開始まではそこまで時間がかからず、思ったより簡単でスムーズでした。ただ、仕事の募集内容を決めるのが初めてでしたので、手こずりましたね。何の内容で募集するか?報酬はどうするか?は予め、他の方の募集要項を見て決めておいたほうがいいです。

 

仕事の募集開始

さて、募集要項などの入力が終わったら、募集が開始されます。率直な感想は思ったより自分の仕事を見る方が多いですし、ブックマークもされます。報酬の金額設定も低くても見てくれます。僕は1記事200円で今回10記事を発注できました。意外と周りの方の募集を見ると高額で仕事を出しているので大丈夫かな?とおもったのですが、全然大丈夫でした。また、仕事を募集する時、オークションみたいにいつまで掲載する等の取り決めもできます。

 

提案をされる

これ、僕は知らなかったのですが、仕事募集を出していると、先方から提案を頂くことがあります。たとえば200円10記事で募集してますが、「100記事いくらでどうでしょうか?」 などです。これは、仕事を出して初めて知りました。僕の価格で出しても提案が5個程度きました。

 

誰に仕事を発注するか決める
募集に人が来ない場合もあります。僕は2回同じ内容で出して、2回目で決まりました。また1回目は1記事150円だったのですが、さすがにダメでしたね。実際募集がきたら、誰に発注をするか決めます。何を見て決めるかは、先ほどあった提案内容です。企業で応募してくる所もあります。結構色々な発見ありますね。誰にお願いするか決めたら、決定します。また、1人に絞らなくてはいけないとの決まりは無くて、何人にでも仕事の応募ができます。これは便利です。

 

「 ランサーズ 」に入金。

決定したら、「 ランサーズ 」に入金をします。入金方法も豊富で銀行振り込みからカード入金、電子マネーと、何種類もありました。また当然ですが、「 ランサーズ 」側の手数料もここで払います。僕は2700円合計で払いました。仕事依頼人に2000円で合計2700円です。意外と手数かかるな~というイメージでしたね。でも「 ランサーズ 」もシステム開発費や人件費をここから捻出なので、当然といえば当然ですね。

「 ランサーズ 」とこちらから、受注者に連絡。
「 ランサーズ 」側から連絡が入るみたいなのですが、メールに念のためこちらからも連絡をしてくれた方がスムーズです。とあったので連絡をしました。連絡は専用の管理画面があり、LINEみたいな感じでPCから連絡できます。これは便利ですね。さて、ここでは改めて納品の形式や納期などのやり取りができますので、安心して下さい。ただ、金額はこの時点ですでに入金済みですので変更はできません。 1点いいなと思ったのは、一度仕事をお願いした人に、「再度仕事を依頼する」ボタンが出てきます。これは良いですね。いいなと思ったライターさんには、ここから再度発注ができたり、相談できるみたいです。

といった流れです。僕は、今先方へ発注し、納品待ちのステータスなのでここまでです。納品されたらまた、記事として書いていきますね。

2017年5月より本気でアフィリエイトに参入しました。本職はWEBデザイナーの兼業アフィリエイターです。また、現在3ブログで執筆中。当然記事数が少ないので広告も入っていません。当然アフィリエイトでの収入も0です。焦らず、しっかりと日々の作業を書き込み、目標は2年で脱サラです。月の成果も上がり次第、記載していきます。みんなでアフィリエイト業界をもっと盛り上げていきましょう。
僕がこのサイトでもメインサイトでもムームードメインを使っています。そもそもレンタルサーバーがさくらレンタルサーバーを使っているいるので、この二つの設定がとても簡単なんです。
月額129円からの「さくらのレンタルサーバ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です