やま猫です。

ちょっと気になったのでワードプレスのタグの意味を調べてみました。EC業務をやっていると似たような機能を持ったシステムはワードプレス以外にもあるのですが、気になったらその場で調べるが基本なので忘れないうちに書いておきます。また、ここでの記事は僕のWEBでの10年の経験則も踏まえて記載しますのであしからず。

ワードプレスのタグの意味。

そう、これの事です。これは記事をグループ化する時に使います。でも、それなら、カテゴリーがあるじゃん!と思いますよね。簡単に言うとユーザービリティーを考えての機能ですね。特にカテゴリーは多すぎても少なすぎてもダメとはよく言われます。これはネットショップでも同じなんです。
カテゴリー使うことで縦割りの読み方、タグを使う事によって横割りの読み方ができます。新しいほうから読んでいくカテゴリーの割り方、同じような記事を横読みするタグとった感じです。カテゴリーも同じような記事の集合ではあるのですが、あくまで情報をうまく整理する為の機能です。

(例)記事について書いた記事があったとします。

僕のサイトの右にあるカテゴリーを見てください。ここに「アクセス数」というカテゴリーと「作業」カテゴリーの中に「SEO関連」とあります。記事の書き方などを書いた記事は当然両方に当てはまってきます。なので、ここでタグ機能を使います。その記事を見て、どちらのカテゴリーに属するのが一番いいか?をユーザー目線で考えます。ここで「SEO関連」にした場合は、今度はタグをアクセス数にします。

これによって、「SEO関連」カテゴリーにはSEOの記事がまとまりますね。タグには「アクセス数」について読みたい人がこのタグをクリックし「アクセス数」関連の記事を読み出します。よく経験ありますよね。記事を書いていてどのカテゴリーにすればいいか?をこれで解決します。

どうして1記事を2つのカテゴリーに登録しないの?

色々な理由があります。ただ、2つのカテゴリーに登録してはいけません、という訳ではないんです。あくまでのグーグル的な考え方と、サイトの構成による物です。見方を変えると少数ならいいのですが、さっき見たカテゴリーにも同じ記事あったな?と頻繁にあってはユーザーとしては面倒くさいですよね。特にスマホがメインとなっている今なら。また、タグも多く設定してしまってはいけません。タグのグループをクリックしても記事が1つしかなかった!はやめましょう。特にSEO的な考えでいうと、1ページからの発リンクが100を超えるのは避けたい所です。

とは言っても、本当の事はグーグルのごく一部の人しかしないですからね。あくまで経験則です。

2017年5月より本気でアフィリエイトに参入しました。本職はWEBデザイナーの兼業アフィリエイターです。また、現在3ブログで執筆中。当然記事数が少ないので広告も入っていません。当然アフィリエイトでの収入も0です。焦らず、しっかりと日々の作業を書き込み、目標は2年で脱サラです。月の成果も上がり次第、記載していきます。みんなでアフィリエイト業界をもっと盛り上げていきましょう。